So-net無料ブログ作成
検索選択

お礼とお知らせ [Introduction]

今日のクマ子
(2014年4月14日撮影)

大変ご無沙汰しております。
昨年の6月にショックなことがあり、
その後、ブログを放置してしまいましたが、
今回の記事を最後の記事とさせていただきます。
ブログの削除も考えましたが、
肛門周囲腺腫や介護の件で訪れている方が多いようなので、
少しでもご参考になればと思い、このままにしておくことにしました。
みなさま、今までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
大変感謝しております。
本来ならば、みなさまのブログにお伺いして、
ご挨拶すべきところを、
このような形で終了させることを、どうかお許しください。

追記にて、今の我が家の状況を書きました。
お時間ありましたら、覗いてやってくださいませ。



先にクマ子のお話を…。

クマ子は4月1日で13歳になりました。
今は元気ですが、去年の10月にストルバイト尿石が見つかりました。
膀胱には8mmの結石も見つかりました。
きっかけは、「やけにおぴっこの体勢が長いなぁ」と感じたことです。
もしやと思い、尿をトレーに採取したら、うすーいピンク色ぽかったので、
こ、これは…!と病院に持っていったら、
案の定、血も混じっていました。
治療としては、療法食(ヒルズのs/d)を食べさせて、
お水もたくさん飲ませることになりました。
先生からは溶けるのに2ヶ月はかかると言われましたが、
1ヶ月で治りました。
その間、クマ子の口の周りが赤くただれました。
これは、s/dは塩分が多めに入っているからだと思います。
また、この塩分で飲水量を増やし、
尿量を増やして尿石を溶解するという仕組みらしいのですが、
クマ子の場合は、s/dの塩分をもってしても、
自ら飲む水の量はちっとも増えませんでした。
ので、先生と相談して、肉のゆで汁を飲ませました。
治療中は、お漏らしがすごかったです(苦笑)

今はヒルズc/dのみを食べ、オヤツ等は一切禁止です。
水分もたくさん摂る様にしています。
お漏らしもしなくなりました。
あれから半年ですが、尿検査も毎回合格。
結石になりやすい体質の子もいますし、
添加物を多く含むオヤツが原因とも言われていますが、
クマ子の場合は、とにかくお水を飲まないことが原因だったと思います。
同じものを食べていたのに、
とめさんは膀胱炎や尿石症になったことがありません。
2匹の違いといえば、性別と飲む水の量。
とめさんはとーってもよくお水を飲む子でした。
ので、普段から水分をあまり摂らない子は、
クマ子の二の舞にならないよう気をつけてあげてくださいね。
ワンコの場合は、狂犬病やフィラリアなどで、
年に何度か病院へ行くことがあると思いますので、
ついでに尿検査もしてあげてくださいね。


さて、本題です。

つくづくとめさんは、自分の命をかけて、お義母さんを守っていたんだと思います。

とめさんを見送った翌年の6月、お義母さんにすい臓癌が見つかりました。
癌は切除不可、末期でした。
ただ、癌の影響で、別の手術が必要だったので、
その為に1ヶ月ほど入院しました。
手術は5時間半に及びましたが、無事成功。
8月にはCVポートを埋め込む手術をしました。
その後は抗がん剤治療でなんとか頑張ってきましたが、
3月下旬に体調を崩し、先々週から再入院しています。

主治医からは、余命も告げられました。

今は、本人の強い希望と、
家族としても、数日でも数週間でも家で過ごさせてあげたいと思い、
もう1度家に帰れるように、
先生方もお義母さんも家族も、みんな頑張っているところです。

そんな状況ですので、ブログを終了することにしました。
続ければ、先に起こることの結果を書くことになりますが、
その勇気が私にはありません。
こんな終わり方しかできなくて、本当にごめんなさい。
そして、ありがとうございました。
みなさまに頂いた暖かいメッセージは忘れません。
みなさまのご健康とご多幸を、心よりお祈り申し上げます。

           2014.04.14 ぶう


共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。